ヘルペスが目に感染した時の症状

単純ヘルペスは誰もが感染する可能性のある皮膚病の一つです。
「単純ヘルペスウイルス」が原因で水ぶくれや発疹などの症状があらわれます。
口の周りにできる口唇ヘルペスなどは特に一般的です。
このウイルスは感染力が強く、症状がおさまった後も体内の神経節に潜んで再発を繰り返します。

単純ヘルペスウイルスが角膜に感染すると「角膜ヘルペス」になります。
涙が出たり、目がコロコロしたり、充血や目が見えにくい、まぶしいなどの症状があらわれます。
ウイルスは普段、三叉神経という神経の根元に潜伏して大人しくしています。
しかし、体の抵抗力が低下してくると神経を通じて繰り返し角膜に病気を引き起こします。

角膜ヘルペスには、ウイルスが角膜の一番外側の上皮層で増える「上皮型」と、角膜の中心層である実質層でウイルスに対する免疫反応から炎症を起こす「実質型」の二つがあります。
どちらにしても治療は薬物療法が中心です。
上皮型で抗ウイルス剤が効けば比較的治るのですが、実質型の場合は再発を繰り返すことが多いです。

このウイルスにはほとんどの人が子供の頃に感染しており、はじめは無症状か軽い結膜炎程度ですむことが多いようです。
ですが、前述のようにウイルスは目の神経節にすみついて、「潜伏感染」という状態を保っています。
風邪をひいた途端に発症したという人もいます。
再発したらその都度きちんと治療することが大切です。
再発を繰り返すと角膜の濁りが強くなり、視力低下を招きます。
場合によっては角膜移植が必要になることもあるのです。
再発を完全に防ぐ方法はないので、発症を誘引しないように日々規則正しい生活を心がけ、体の抵抗力を低下させないよう心がけましょう。